ご挨拶

四代目(曾田 隼)の信条

img1

日本の食文化は、今や様々な国の料理と融合し、広がりをみせています。最近では、 和菓子業界も洋の素材を取り入れたりと、日々様々なスイーツが誕生しています。 また健康志向の高まりとともに美味しいだけではなく、体に良いスイーツなども注目されつつあります。そんな変化のある中で、日本の伝統文化である和菓子に込められた意味を、多くの人に伝えていきたいと強く思う様になりました。

桜餅、花見だんご、赤飯、誕生餅など・・それぞれに意味があるのはご存知ですか? 私自身1歳の頃、背中に足型のお餅を担がされたようです。いわゆる「誕生餅」です。「誕生餅」のように代々受け継がれてきた行事もたくさんあります。そういった日本の文化を、今の若き世代に伝える伝道役も必要だと強く思うようになりました。

私は、そういった昔ながらのならわし、その一つ一つが忘れられつつある流れに寂しさを感じてきました。少しでも多くの人達に和菓子をもっと身近に、そして日本古来の文化をもっと知ってもらう活動も行っていきたい。その結果、菓子職人達への益々の技術向上に繋がっていけばと願っています。

日本という国に生まれ、日本人が大切にしてきた独自の季節感や美徳を若い世代に伝えていく事も、必要ではないかと感じています。

美味しい物を食べると人は自然と笑顔になります。そんなスイーツの持つシンプルでありながら重要な役割ももちろん忘れてはなりません。

当社は、スイーツを様々な角度から分析し、スイーツ店や飲食店などの商品開発は勿論、地産地消活動、プランニングやコンサルティング事業の拡充にも力を注いでおります。

専門知識の豊富なスタッフや、独自の仕入れルート等、きっとご満足頂けると確信しております。

曾田 隼

曾田 隼 ヒロプロデュース代表
セラミックパークMINO
セラミックパークMINO Facebook